×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

40歳以上の妊娠率|40代の妊娠、出産の確率、可能性

40歳以上の妊娠率や出産の確率、可能性について記しています。
マカロン
ナポレオン
HOME

40歳以上になると流産や早産する確率が上がるの?

40歳以上になると流産や早産する確率が若干上がってしまいます。

年齢関係なく、流産する確率は10%〜15%です。

そして、40歳以上となると、流産する確率は20%〜25%と高くなってしまいます。

流産は、妊娠10週までに起きることが多く、その多くの原因が染色体異常です。

そのため、お母さんに原因がある訳ではありません。

ですが、高齢で妊娠すると、赤ちゃんの染色体異常が増えてしまいます。

また、卵子も老化するため、流産しやすくなってしまうのです。

そして早産ですが、早産は赤ちゃんではなく、お母さんに原因があることの方がほとんどです。

原因は色々ありますが、妊娠中毒症などの合併症などが原因で早産になることがあります。

40歳以上だから早産になるとは限りませんが、高齢になると妊娠中毒症や合併症になりやすかったりします。

そのため、40歳以上での妊娠、出産は気をつけなければいけません。

40歳以上でも産み分けをすることができるの?

40歳以上でも産み分けをすることができるのかというと、できます。

ただ、かなり難しくはなります。

産み分けをするために、避妊したりする場合があります。

そうすることで、妊娠できる確率が下がってしまいます。

産み分けだから仕方がない、と思うかもしれませんが、40歳以上の妊娠できる確率は5%未満です。

5%未満とかなり低い中で、さらに避妊をしてしまうと、妊娠できる確率は本当に低くなってしまうのです。

絶対に産み分けできないことはありませんが、その中での妊娠は難しくなります。

40歳以上での妊娠となると、あと何人欲しい、と思っても、それも難しくなってしまいます。

そのため、跡継ぎなどを考えたら男の子が・・・と思う人もいると思います。

産み分けしたいのは分かりますが、高齢での妊娠の確率を考えたら、無理して産み分けしない方がいいと思います。

絶対に産み分けしたい、どちらでもいいから子供が欲しい、まずはそういったことを夫婦で話し合ってから、子作りに励むようにしましょう。

40歳以上での出産は帝王切開すべき?

40歳以上での出産は帝王切開すべきかというと、そんなことはありません。

40歳以上でも、帝王切開ではなく、自然分娩でお産されている人は多いんです。

できる限り、自然分娩したいですよね。

40歳以上で高齢出産だから絶対に帝王切開でお産、とは決まっていません。

基本的には、自然分娩です。

ですが、自然分娩と帝王切開だと、赤ちゃんにかかる負担が少ないのは帝王切開です。

女性の多くが、自然分娩でお産したいって思っていると思います。

でも、赤ちゃんにかかる負担や、母体の状態などをみて、帝王切開にするかは医師が判断します。

もし万全でなければ、帝王切開でお産したほうがいいでしょう。

自然分娩の予定が、急に帝王切開に切り替えられる場合もありますが、基本的には自然分娩で出産した方がいいでしょう。

40歳以上の妊娠・出産できる確率は?

40歳以上の妊娠・出産できる確率は、5%未満となっています。

妊娠・出産できる確率は、年齢を重ねれば重ねるほど、低くなっていくものなんです。

卵子も同様に、年齢を重ねれば重ねるほど、老化していきます。

卵子は老化するだけでなく、数も減っていくのです。

女性は生まれたときから、卵巣に約200万個の卵子が備わっています。

生まれてから、卵子が作られるものではありません。

それが、自然消滅したり、毎月排卵で減っていきます。

そのため、40歳以上になると、あまり残っていない状態になります。

そして、高齢になると、排卵しても質のよい卵子でない事があり、そういったことが原因で、妊娠・出産できる確率が低くなるわけなんです。

もし、子供が欲しいのであれば、そういった事を理解する必要があります。

そして、子作りの計画を立て、できるだけ若いうちに子作りに励んだほうがいいでしょう。
道
Copyright (C) 2014 40歳以上の妊娠率|40代の妊娠、出産の確率、可能性 All Rights Reserved.